ナポレオンはウィスキー買取ではありません

お酒には様々な種類があり、醸造酒や蒸留酒など造り方が違えば使用する材料も違うものになります。
またそれぞれのお酒にも高いものから安いものまであり、高級品などはお酒好きな人にはとても飲みたいものの一つになります。
そんな高級なお酒の一つにナポレオンというものがありますが、これはお酒の種類を示すものではなく熟成年数を示すものになります。
ナポレオンはお酒の種類でいえばブランデーになり、ブランデーは果実酒から造った蒸留酒の総称になりワインを蒸留したものや、りんごやさくらんぼなどを蒸留したアップルブランデーやチェリーブランデーなども存在します。
蒸留した後は樽に入れ熟成させることになりますが、ここでの熟成年数でランクが分けられることになります。
ナポレオンはそのなかでも熟成年数が長く、コニャックやアルマニャックの場合には熟成年数が上流後に最低七年は経過したものを原酒に使用したものだけが表示することが可能となっています。
しかしこれ以外のブランデーでは規制がないため、同じナポレオンでも値段に大きな差が出てきます。
また昔のウィスキーは今でいうブランデーでしたが、現在は麦を利用しているのでブランデーを売るときはウィスキー買取りではなく、ブランデーとして買取にだしましょう。ナポレオンなどの高級なお酒は自分で購入することもあれば、誰かから贈り物としてもらうこともあります。
自分で飲むために購入した場合には目的がはっきりとしているので問題ありませんが、プレゼントとしてもらった場合には考えなければいけないことがあります。
プレゼントとしてもらった場合に自分でお酒を飲みブランデーも好きである場合には飲むことができうれしいものになりますが、お酒が苦手な場合やブランデーは飲まないといった人の場合には処分に困るものになります。
ナポレオンなどの高級なお酒の場合には化粧箱などがあり、どこかに仕舞っておくにしても場所をとってしまい邪魔に感じてしまうこともあります。
そのような時に便利なものがウィスキー買取などのお酒を買取しているところに、買取してもらう方法になります。
その際には化粧箱があるのであれば化粧箱も一緒に査定してもらうことが大切であり、埃や汚れなどが付いている場合にはきれいにしてから持っていくことで、査定額も変化するものになります。
またウィスキーのアルコール度数賞味期限が気になることもありますが、蒸留酒であるので保管状態が劣悪でなければ封を開けていなければ賞味期限はないものとみなしても問題ありません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*