ウィスキー買取とハイボールの作り方について

ウィスキー買取で取り扱われる品目は主にスコッチウィスキー、バーボンウィスキー、ジャパニーズウィスキーなどです。スコッチウィスキーはスコットランド産のウィスキーで、日本人にも馴染み深いもので、バーボンウィスキーはトウモロコシを原料としたアメリカ産のウィスキー、ジャパニーズウィスキーは国産でスコッチウィスキーを日本人向けの味わいに作られています。良いウィスキーの特徴にはまず、雑味がなく風味が純粋であることが挙げられます。これに加えて熟成してまろやかであることや、口当たりよく香りが豊かでありながら飲み飽きないといったポイントが挙げられます。更に品質の均一性が挙げられる一方で、そのウィスキーのタイプとしての個性がしっかりしていることも重要です。ウィスキーの飲み方としては氷を入れたグラスに注ぐロックをはじめ、水割りやハイボールなどが定番です。このうちハイボールとはウィスキーを炭酸水で割り、氷を浮かべた飲み物を指します。この他にもウィスキーに常温の天然水を加えるトワイスアップという飲み方もあり、飲んだことのないウィスキーや新たに封を切ったばかりの時に微妙な香りをじっくりと楽しむことができるものとなっています。ウィスキー買取では定番人気のスコッチウィスキーをはじめ、アメリカ産のバーボンウィスキー、国産のジャパニーズウィスキーなどの世界各国のブランドを幅広く扱っています。長年ウィスキーを愛飲していても、様々な事情によりお酒が飲めなくなってしまった時、ウィスキー買取業者を利用することで大切なウィスキーを無駄にしないことに加え、買取金額まで受け取ることができます。その一方で良いウィスキーに巡りあうには自分の五感となり特に舌と鼻で感じることが重要です。このためラベルや色に惑わされず、先入観無しでテイスティングをすることで、本当に良いウィスキーに出会うことができるようになります。ウィスキーの飲み方にはそのまま飲むストレート、氷の入ったグラスに注ぐオンザロック、炭酸水で割るハイボールなどがあります。ハイボールの作り方は氷を入れたグラスにウィスキーを注ぎ、氷が溶けた分だけ再び氷を足した後にウィスキー1、炭酸水3から4の割合で加えます。最後に炭酸が抜けないようマドラーなどで縦に一回混ぜれば完成です。ハイボールにはシングルやダブルなどがありますが、ハイボールのダブルとはグラスに指2本分の量のウィスキーを注ぐことを指し、シングルは指1本分の量を注いで作ることを指します。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*