ウィスキー買取とウィスキーを飲む時のグラスとは

お中元などでもらったものの飲まないといった場合や健康上の理由で、お酒が飲めなくなってしまった場合にはウィスキー買取の利用が便利です。これにより高級なウィスキーを無駄にしないことに加え、買取を受け取ることもできます。バーなどでウィスキーをストレートで頼むと小さなショットグラスで出される場合が多いですが、本来ウィスキーを飲む際には特に作法や決まりはないためこのグラスでなければならないという決まりはありません。このため家で飲む場合には、気軽に自分好みの容器を使うのが適しています。しかしながらウィスキーの色を楽しみたいという場合には、陶器や色つきのものよりも透明のグラスが適しています。またワイングラスで飲むと内部にアルコールがこもり飲む時に鼻を刺激しすぎてしまうことになるため、上部が開いている形状のもののほうが適しています。好みによっては柄付のものを使用してもよいですが、グラス部分をブランデーのように手で持ってしまうと本来の香りが飛んでしまうことになるため、持つときは柄の部分を持つようにします。これらを踏まえれば形状にこだわる必要はないため、柄付のものや肉厚なもの、あるいは薄手のものなど色々試して選ぶようにします。ウィスキーの定番人気商品といえばスコッチウィスキーですが、ウィスキー買取ではこの他にもアイリッシュやアメリカン、そして国産のジャパニーズウィスキーの買取も多くの場合受け付けています。ウィスキーを飲むときのグラスについて特に厳格な決まりはなく、気軽に好みのグラスで楽しめるというところもまたウィスキーの魅力です。しかしながらショットバーなどではウィスキーのストレートは、お店の雰囲気や格式を保つためショットグラスで提供されます。しかしながらウィスキー愛好家にとってこの形状はイメージに合わない、色や香りを楽しむ上では不便ということもあります。こういった場合にはお店に頼んでマイグラスを好みの形状のものにしてもらう、希望のグラスの形状で出してくれるよう頼むといった方法があります。一方で、お店ではこのような希望について咎めることはありませんが、頼む側もそのお店の雰囲気や格式を壊さないように配慮する必要があり、それも含めてバーで飲むことを楽しむということになります。ショットバーは和製英語で、色々なお酒をワンショットずつ飲ませるということからこの呼名がついていて英語では単純にバーという呼び名となります。またバーテンダーは米語で、バーの番人という意味合いがあります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*